初めに
弊社、株式会社ミュービクスは、映像コンテンツを中心とした制作会社です。
ある方のお誘いで3年程前からデジタル・サイネージ周りの企画・コンテンツ制作及び運営を行ってまいりました。

そして今。
街中にあふれ出したサイネージは、百花繚乱。サイネージ導入で上手く目的を達成できた方もいれば、そうでない方もいらっしゃるかと思います。そして、検討中で一歩踏み出せないでいる方も。

本サイトでは皆さまの便を考慮し、様々な街のサイネージと情報を紹介していこうと思います。学術的ではなく、見る側視点のレポートがあげられればと思っております。 あくまで私見ですが。ブックマークなどしていただければ幸いです。 また、様々なデジタル・サイネージ関係の会社、団体などをご紹介していきますので、ご利用になられる場合はコンタクトしてみて下さい。 勿論、弊社をご利用いただければ尚うれしいのですが。
サイネージ関連のコンテンツ
デジタルサイネージとは( 2011年01月07日 )

色々なデジタルサイネージ

色々なデジタルサイネージ

Out Of Home Media (アウト・オブ・ホーム・メディア) 
= 「屋外広告」 のひとつ=>映像を利用した電子看板

  

デジタルサイネージコンソーシアム(以下、DSC)の試算では

2015年には1兆円規模の産業

  

OUT OF HOME MEDIA・屋外メディアなどとも呼ばれ、デジタルサイネージコンソーシアム(以下、DSC)の試算では2015年には1兆円規模の産業となると言われています。
一般的にデジタルサイネージが、どのようなものを指すかと言いますと、様々な店内の小さな電子ポップから電車の中、ショッピングモール・病院等の広告・案内板、アルタビジョンのような大型の屋外広告など利用方法は多様です

  

<設置場所 一覧>
ビルの屋上・壁面、駅、電車内、バス内、デパート、スーパー、薬局、コンビニ、飲食店、カラオケ店、銀行、ホテル、映画館、病院、郵便局、空港、球場等のスタジアム、美術館、公衆トイレ、パチンコ店、各種イベント、自動販売機、県・市・区・町役所、公共通路、高速道路PA・SA、美容室、大学・専門学校、企業受付、会議室、ホテル、結婚式場、街起しポイント

  

<簡易設置型>
イベント会場、スパーマーケット、本屋等のキャンペーン
・TVCMのように不特定多数に同広告を流すのではなく、設置場所の特性にあわせた広告が発信できる。
<利点>

・ポスターやロールスクリーン看板のような印刷物の取替えの手間がかからない。

  

デジタルサイネージは、既存のポスターや看板と比べ、豊かな映像表現で高い訴求力あり。

デジタルサイネージコンソーシアムとは
デジタルサイネージコンソーシアム(DSC)とは、 デジタルサイネージ産業が直面する課題の解決と新市場の創出と生活シーンにおけるサイネージ経験価値の向上をミッションとして2007年6月に設立された業界団体。広告会社、ディスプレーメーカー、コンテンツ制作会社など約170社(2010/3/24時点)が参画。

詳しくはDSCさんのホームページ http://www.digital-signage.jp/ を、ご覧ください。
デジタルサイネージ関連のリンク
≪デジタルサイネージ コンソーシアム・学会≫
デジタルサイネージコンソーシアム
画像電子学会
日本画像学会

≪メーカー・商社・印刷系:機材および運営 サイネージ会社一覧≫
PDC ピーディーシー株式会社
株式会社日立アドバンストデジタル
NECシステムテクノロジー
富士フィルム株式会社
ソニー株式会社
株式会社シアーズ SEARS 電子ポップ
丸紅情報システムズ株式会社
大日本印刷トールビジョン
凸版印刷株式会社

≪運営系・その他:サイネージ会社一覧≫
コメル株式会社 福岡中心から全国へ
NINO株式会社 筐体の制作からレンタルサイネージまで
ソニーPCL サイネージの運用・コンテンツ供給・人材派遣